物語

「ベンチャーで働かないか?」と誘われた僕が秒速で断った理由

どうもこんにちは、レオです。

 

僕は大学院を中退しています。

現在は個人事業主として、

インターネット上で自らのビジネスを作り、

お金を稼いで生活をしています。

 

で、今日のテーマは、

ベンチャー企業で働く意味に関して。

 

というのも、

僕が大学院をやめるという話になったとき、

知り合いの旦那さんが

ベンチャー企業を経営しているらしく、

「よかったらうちで働かないか?」

と声をかけてもらったんですね。

 

自分でビジネスやっていくなら勉強になるはずだ!

社会経験にもなるし、ちょうどいいんじゃないか?

とのことでした。

 

ですが僕はこの提案を

一切迷うことなく断りました。

 

もちろん僕のことを気にかけて、

声を掛けてくれたことなので、

感謝しつつも、丁寧に断りましたが(^^;

 

ぶっちゃけこの頃周りからは、

「怪しいセミナーに騙されてるんじゃないか?」

「ネットビジネスで稼いでるってやばいでしょ・・」

みたいな心配をかなりされていたらしいですw

 

まあそういうのもあって、

まずは、ベンチャーで経験詰むのがいいんじゃないか?

と声がかかったようです。

 

 

実際のところ、

将来起業して成功したいと考えるなら、

”まずはベンチャーで働く”とかは全く無意味です。

 

同様に、

”まずは大企業で経験を積む”とかも、

無意味なことだと僕は思っています。

 

 

社会経験がどうだの、

現場を知ることが重要だの言われますが、

そんなことより自分でビジネスをやった方が、

100倍は為になるでしょうね。

 

あ、ビジネスって言っても、

最初は本当に小さなビジネスでいいです。

 

まずはネットビジネスで、

サイトを1つ作ってみるとかでもいいです。

 

これってすげー地味ですよね。(笑)

でもネットビジネスなんてこんなもんです。

 

見た目はすげー地味なことだけど、

学べることは非常に多くあります。

 

自分でサイト(コンテンツ)作って、

集客して、価値観教育して、商品売って・・

という風に、一連の流れが必要です。

 

これができないと、利益は生まれないですから。

 

要は、0から自分で

ビジネスモデルを作り上げていくわけです。

 

労働者的思考で、時間と労働力を提供して、

お金を稼ぐとは180度ちがいますよ。

 

何もない状態から、

ビジネスモデルをつくって、

目の前のお金を稼ぐ力があるかどうかです。

 

最初は月3万円とかでも全然いいです。

もっと少なくてもいいです。

端から見れば小さなビジネスかもしれませんが、

自分で戦略を練ってお金を稼ぐのです。

 

 

というか・・

これができないで起業ってやばいでしょ。。

 

社会経験を積むことで、

コミュニケーション能力がー

上下関係がー

だかなんだかやってる時間があったら、

いいからまずは自分でビジネスやれよ。と。

 

これができないような人、

ましてマーケティングのマの字も

知らないような人っていうのが、

起業をしちゃってたりします。

 

その結果、ビジネスが

”運頼り”のものになっちゃうんです。

 

よく勘違いされますが、

ビジネスにギャンブル要素ってなくて、

普通に戦略を練って堅実にビジネスをする、

稼げるべくして稼ぐものですよ。

 

ベンチャーというと、

奇抜なアイデアや、アプリ開発をして、

革新的なものを打ち出すというイメージですが、

それだけでは不確定要素が多すぎます。

 

何百万もの出資を受けて、

ギャンブルのようなビジネスをやるので、

そりゃあ苦しみますよ。

 

僕に声を掛けてくれた旦那さんも、

かなり忙しく働いていて、

人手も全然足りてないと言っていたので、

詳しくは聞いてませんが、いい環境ではないと思います。

 

社長は社長の仕事をしましょう。

社長のやることは汗水たらして労働ではなく、

マーケティングをし、ビジネスモデルを作ることです。

 

僕は当時から、

そういった学びを得ることができたので、

ベンチャーで”まずは経験を積む”という、

本質とかけ離れたことはせずに済みました。

 

 

これから起業したいと考えているなら、

まずは小さなビジネスでもいいから、

自分の力でマネタイズする力をつけるべきです。

 

その際ネットビジネスなら、

資金0で取り組めるので、

こんなにいいものは他にないなと。

 

失敗しても金銭的ダメージがないわけですから、

どんどん挑戦するべきだとおもいます。

 

そして少しずつ規模を広げていけば、

僕だったら外注化をすぐに始めたように

経営者としての学びも得ることができます。

外注化したらメリット多すぎてびびる。初心者こそやるべき

 

というわけで今回は、

ベンチャーで起業するとか働いてみるの前に

もっと大事なことがあるよ。というお話でした。

 

P.S.

まあ、偉そうに

ベンチャーについて語ったわけですが、

ぶっちゃけこれは、

僕は「運よく」地に足付いた

正しいビジネスを学べたからです。

 

もしそうでなかったら、

ほぼ間違いなく、僕もギャンブルで

ビジネスをやる側の人間になっていたでしょう。

 

起業したとして、

毎日朝から晩までせっせと働き、

借金におびえながらビジネスをするか、

すでに借金まみれになっていたと思います(笑)

 

恐ろしいっすね。

知識一つでこんなに変わるのかと。

 

結局今は教える側の人間として、

メルマガを中心に、ブログ、YouTubeでも

学んできた知識をアウトプットしています。

 

吸収できるものは吸収してください。

では。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

POSTED COMMENT

  1. ゆーろ より:

    LEOさんこんにちは!

    ゆーろと申します

    LEOさんは自己紹介のレポートをダウンロードして知っていましたが

    ブログは見たことありませんでした

    僕もLEOさんのようにこれから大学院に進学しようとしているのですが
    どこか疑問を持っています

    ベンチャーや大企業での経験はいらないとスパッと切り捨てる選択ができるあたり
    すごいなあと思ってしまいます

    僕も早くそういった選択がスパッとできるようになれるといいなあ(笑)

    ではでは

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です