マーケティング

唐揚げ定食750円。豚の生姜焼き定食800円。

こんにちはレオです。

家の近くにある定食屋の話です。

外観はあまり目立たないのですが
50代くらいの夫婦とパートのおばちゃんで営業していて、
個人的に味が好きなので毎週通っています。

昼はランチ営業、夜はお酒も飲めて
どの時間に行っても
ほとんどの定食が1000円以内で食べれます。

料理するのは基本おっちゃんなのですが
明らかに長年料理してきた人の味です。
(一応飲食で働いていたのでわかります)

定食を頼むと
ご飯、味噌汁、メイン(肉or魚。わりと種類豊富)
付け合わせに煮物、サラダ、漬物、刺身等々
毎回値段のわりにかなり豪華です。

1つ1つに手が込んでいるなというのがあって
サラダも美味いし
漬物も美味いし(たぶん自家製)
味噌汁もダシから美味いです。
刺身もツマから丁寧に作ってます。

あとこれおおげさっぽくもありますが、
ここの生姜焼きが人生で1番美味かったです。

友人を連れていっても喜んでもらえます。

このクオリティーの定食だったら
絶対にもっと高くてもいいと思っていて、
生姜焼き定食が800円じゃなく1000円でも
おそらく誰も文句言う人はいません。

今回言いたいことは
価格と価値は比例しないということです。

同じ地域にある似た系統の飯屋は
ここよりも高いもしくは同等の値段で
味のクオリティーは落ちます。

かといって
この店が繁盛しているかというと
ぶっちゃけあまり人入ってません。笑

近隣のやよ〇軒のほうが
明らかに人気です。

すごくもったいないです。

マニュアル化された飯屋よりも
料理人が1から作っている料理が
同じ金額で売られていて、人気でも負けています。

特にもったいないと思うのが
安売りしすぎていることです。

もちろんランチを安くして
店の認知を広めるのは1つの戦略ですが、
かといって夜の単価もそれほど高くないです。

お酒を入れている人もあまり見ません。
だいたい皆夜も定食食ってます。

これけっこう大事ですが、
コスパのいい店を作ることが
必ずしも店の利益になるというわけではありません。

むしろコスパのいい店をめざしても
それを上手くブランディングできていないと
今回のように明らかに自分の店の方がいいのに
なぜかライバル店に負けるといったことが起きます。

僕は薄利多売のビジネスモデルは
基本、個人商売には向かないと思っています。

かなり大事ですよ。

僕もそうですし、
特に個人レベルのビジネスで重要なのは
いかに自分の商品の価値を高められるかです。

で、
価値をわかってもらえるかってのも
もちろん死ぬほど大事です。

たとえば
1個1000円の価値のあるまんじゅうを売っても
その価値が伝わらなければ売れないですし、
結果なにをするかというと
価格を下げて500円で売るみたいなことになります。

とりわけ僕らっていうのは
幸運なことに
常日頃からそれを学べる業界にいます。

ネットで、発信して、文章書いて、
サイト作って、
メルマガやLINEやSNSをやって、
言葉で商品やサービスを広めるってことをやってます。

これまじで運がいいんですよ。

商品の価値を伝えられるか?
言葉で納得させて買ってもらえるか?
ぶっちゃけ僕の得意分野です。

しかもネットで出来るんですよ。
営業マンのように直接相手と向き合って
時間もエネルギーも大量に消費して売れるのではなく
ネットでぽんと売れるのです。

効率最強です。
しかもネットだと対面営業とちがって
ごり押しで売ることが不可能なので
本質的に人を動かすということになります。

しっかり学んでいれば
商品の魅力を伝えるプロになれます。
超効率よく商品を売れる人材になります。

もちろんこれは
どの業界でも優先度がかなり高い力です。

最初は考えもしませんでしたが
ネットビジネスをやってちゃんと学んできて
まじでよかったなと思う副産物です。

こういった考え方でやってる人は
少数派ですけど。

あとそうですね、
話を戻しましょう。

価格と価値が一致しないパターンです。

これは飲食店に限らず
あらゆるところであります。

たとえば情報発信をしていると
もう何度もあったパターンで

自分のオリジナル商品を
値段を倍にして、
セールスレターを書き変えるだけで、
売り上げが超伸びた。

これかなりあります。
なんなら最初は1万円で売ってたのが10万円で売れたとか。
0が1個増えるといったことがリアルに起こります。

ようするに
世の中のサービス提供者は
安売りをしていることが本当に多い。

特に個人ビジネスだと。

気持ちはわかります。
僕も昔は自分の商品を販売するとき
こんなに高くして大丈夫か。
もっと安くした方がいいのか?と
自分を低く見積もることがありました。

けど
本当にお客さんと自分のことを考えたら、
商品の価格を下げることよりも
自分や商品のクオリティーを高めることに精を出した方が
トータルでみてプラスです。

価格が安いから
お客さんが満足するのではありません。

商品の価値と価格にたいして、
お客さんが満足するかどうかが
商売の重要なポイントです。

たとえば
グッチの財布が3000円で買えて嬉しいか。
考えてみましょう。

たぶん嬉しいは嬉しいけど、
本質的に見て3000円で買えるグッチの財布に
価値はなくなっていきます。

ブランドの価値がなくなるということは、
ドンキで買える3000円の財布と
同じになるということです。

安いだけが商売の正義ではありません。

いかにして
自分の商品の価値を高められるか。
安売りはしていないか、
ということを考えましょう。

 

あと今回の話に関連して

「教育に価値はつけられない。」

という話をしようと思ったのですが
長くなりそうなので
続きはまた次の記事で書きます。

これもかなり大事なので
ぜひ読んでもらえればと。

ちなみに今日お話した視点で
普段から飲食店など分析するのはおすすめです。

どうすればこの飯屋の売上を上げられるか
単価の高い注文をしてもらえるか
メニュー表や、店の雰囲気、サービスの作り方など
必ず改善できる点があるはずです。

絶対的な答えはないので
自分のなかで単価を上げる工夫を模索しましょう。

ビジネス頭を鍛えるヒントは
そこらへんにごろごろ落ちています。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です