大学生

大学生の僕はパチンコにハマった。そしてこの世の絶望を知った。

こんにちは、レオです。

僕は今まであまり人に言ってこなかったのですが、
大学時代にパチンコにドハマりしていた過去があります。

バイトの給料日の翌日には
パチンコでその月の給料を全て溶かしたり、

たまに運のよかった日には、
10万、20万という額を大勝ちしたり。

アホみたくパチ屋通いを続けていました。

一度ギャンブルの感覚を味わってしまうと
まじで抜け出すのが大変になります。
四六時中ギャンブルの事考えてたりします。苦笑

そんな経験から今大学生の人に言いたいことは

パチンコ(パチスロ)は絶対するな!です。

説得力ないかもしれないすけど、
経験者だからこそ言えることでもあります・・。

というわけで、大学生時代のパチンコについて
僕の思うところを書いていこうかと。

大学生の僕がパチンコにハマったきっかけ

僕がパチンコにハマるようになったのは
大学1年生の夏からです。

ベタな展開ですが、
当時バイトしていた居酒屋の先輩に誘われ、
朝から人生初のパチ屋に行きました。

ビギナーズラックがあったわけではなく
僕自身はたしか数千円程度の負けでしたが、
この日は先輩が+10万円という大勝ちをしました。

もう衝撃ですよね。

生まれて初めてのパチンコ屋で、
目の前で自分の知り合いが10万円という大金を
あっさり稼ぎ出すという。

10万て。服何着買えるんだ。。
PS4(当時は3か?)買ってもお釣り来るやん。

時給800円のバイトしてた身としては、
めちゃくちゃ夢を感じました。

で、それからはちょくちょく先輩に誘われたり、
大学終わりに1人でパチ屋に寄ったりと、
ギャンブルの味を完全に知ってしまったのです。

最初はいつでもやめれると思ってたんですけど、
勝ったり負けたりを繰り返しているうちに
だんだん頭のネジがぶっ壊れていきます。

たとえば友達に遊びに誘われた時も
今パチンコ打ってるから、と断ったり

大学の講義が午前で終わり、
夕方のバイトまで時間がある時なんかは
ほぼ確実にパチンコ屋に足を運んでいました。

完全に生活の一部に
『パチンコ』という文字が刻まれます。

こうして僕の大学生活は、
パチンコ狂いの日々へと変わっていきました。

一日に86000円負けて発狂した話

大学1年の夏にパチンコにはまり、
それから3年間ほど打ち続けてきた僕ですが、
その中で最も印象に残っている出来事があります。

それが一日に86000円大負けした話。

実はその大負けした日の数日前に、
ミリオンゴ〇ドという有名なスロット台で
10万円以上勝つという大勝利を収めていました。

それで調子に乗った僕は、
次の日もまた同じ台に座り、5万負け、
その次の日もまた座り、3万負け、

と、完全に自業自得のアホな展開を引き起こしました。

10万円の勝ちが
あっという間に-5万と-3万で、残り+2万円。

「これはやばい。でも次はさすがに・・」
という頭が湧いているとしか思えない考えで、
懲りずに3度目の勝負に行ったのです。

そしてとうとうその日、
見せ場もなく次々と諭吉さんが吸い込まれていき、
一日に86000円を負けるという最悪の結果を迎えました。

数日前に10万円あったお金が
余裕でマイナスです。発狂しました。

手持ちのお金が無くなって店を出た瞬間、
頭が真っ白になって、
帰りの足取りはゾンビのように重かったです。

 

こんなかんじで、
勝ったり負けたりを繰り返しながら
僕の場合着々と負けの額が上回っていきました。

 

一度パチンコにハマってしまうと、
本当にロクなことがありません。

勝てばウハウハかもしれないけど、
負けた時の絶望感は半端じゃないです。

バイト前に1万2万負けた時には、
これからバイトをに行く気が消え失せます。

タダ働きワロタw
むしろ働いてもまだマイナスだわ。。
みたいなかんじで異常な絶望感を味わいます。

一度ハマってしまったら、
どんなにあがいても抜け出せなくなるので、
大学生のパチンコはまじで危険です。

繰り返しになりますが、
大学生のうちにパチンコにはまるのは
絶対にやめた方がいいです。

なぜパチンコをやめることができたのか?

そんなパチンコ依存症だった僕ですが、
ある時からぱったりとパチンコに行かなくなりました。

それが自分でビジネスを始めた時です。

僕は今現在、
ブログやYouTubeなどのメディアで
情報発信しながら収益を得ています。

ブログというと舐められがちですが、
僕はビジネスだと思ってやっているし、
むしろめちゃくちゃ可能性のある世界です。

僕が学歴を捨てて就職しない道を選んだ理由

 

そもそも僕がパチンコをやっていたのは、
もちろん依存していたというのもありますが、
『単純にお金が欲しいから』
『脳汁プシャーという刺激が堪らないから』
というのが根底にありました。

ですが、
僕が偶然知ったビジネス・起業という世界は
それ以上の刺激に満ち溢れていたわけです。

  • 20代で億を稼ぐ若者
  • たった1つのブログで100万円以上稼ぐ大学生
  • ネットスキルを応用して大企業のコンサルをするマーケター
  • ビジネスを全て仕組み化して、若くしてリタイア生活を送る人

 

こういうことが当たり前の世界です。

最初は僕も「金が欲しい」という
単純すぎる理由で、
PC一台、ネットの世界に飛び込みました。

そして大学生活の空いた時間のほとんどを
ビジネスの仕組み作りに費やしたことで、
少しづつですが毎日自動収入があがるようになりました。

初めて自分の作ったブログから、
(成果報酬)8000円の商品が売れた時は

「うひょおおお。やべーー!!」

とめちゃくちゃテンションが上がりました。

 

自力でお金を稼ぐ経験をしてしまうと、
パチンコでお金と時間を消費することが
激しく無駄に思えてきます。

パチンコするくらいだったら、
もっと今のビジネスの仕組みを大きくしたいわ。となります。

その方が確実にお金が転がり込むので。

この前めちゃくちゃ久しぶりに
パチンコを打ちに行ってみたのですが、
まったく楽しいと思えませんでした。

ちなみにこの時、
パチンコを売っている間にスマホを確認すると、
自動的に2万円ほど稼ぎ出していました・・

そんなことがリアルに起こるため、
「あーもう一生パチンコしないだろうな」と。

 

僕は幸運にもビジネスの世界に出会えたため、
パチンコ依存から抜け出せたし、
大学生活をまともなものに変えることができました。

もし、ビジネスを知ることがなければ
今頃もパチンコ屋に通い詰めていたことでしょう。

時間こそが財産だという気づき

最後に、今日の話で僕が何よりも伝えたいのが
時間こそが財産であるということです。

パチンコにハマるということは、
お金の損失ももちろんありますが、
それ以上に時間が死ぬほどもったいないです。

大学生時代の”若い時間”というのは
僕からするとスーパー貴重なものです。

大げさじゃなく大学生時代の過ごし方次第で
その後の人生を変えることもできます。

僕も出来ることなら、
大学1年(18歳)の頃に
ビジネスに出会ていればと思うし、

大学2年でも3年でも、
早ければ早かった方がよかったと思います。

時間は有限です。
お金以上に価値のあるものなので、

大学生活という若くて貴重な時間を、
将来何も残らないパチンコに費やすのは
絶対におすすめできません。

この話が、
これからパチンコにハマろうとする大学生
もしくはすでにハマっている大学生の
少しでもタメになれば嬉しいです。

では、これで。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です