大学生

大学生で無気力だと思い悩む人へ。筋トレで世界は開けるよ。

どうも、レオです。

僕は大学に入学後、
非常に無駄な時間を多く過ごしてきたな
という後悔があります。

特に何をするわけでもなく、
時間だけが過ぎていく日々。

飯食って、うんこして、適当に講義受けて
家に帰って、だらだらして、うんこして、寝る。

もちろんその時の気分で
やる気がない無気力状態の時は
大学もサボるし、バイトもしたくない。

将来には不安なことがたくさんあるけど
具体的に何かアクションを起こそうとは思えない。

そういった気持ちでダラダラと過ごしていました。

しかし今では、
メラメラとやる気に満ち溢れているし、
大学時代に取り組んだことが今の生活を
大きく充実したものに変えてくれています。

というわけで今日は、無気力な大学生へ
やる気を出して行動する方法を教えます。

無気力から抜け出すには筋トレが手っ取り早い

おすすめは筋トレです。
まずは何よりも体を動かすこと。

筋トレなんてかったりーと
思うかもしれませんが、効果は絶大です。

筋トレの何がいいかっていうと、
特別な器具や場所に行かなくても
自分の部屋で引き込もってその場ですぐさまできる。

そして多少なりとも負荷をかけることで
充足感というのをその場で得ることができます。

もちろん筋肉を付けることで
外見的な自信にもつながり、
努力に見合ったリターンも得られます。

以前より引き締まった自分の姿を見れば
自然にテンションは上がるし、
それを友達と話すネタにできるかもしれない。

異性からの好感度も上がるし、
鍛えた筋肉を見てもらいたくてうずうずするので
外出する機会も多くなったり。

そうやって何かきっかけを掴むのには
筋トレはまさに最適な方法です。

で、さらにいいことが
筋トレをすることで男性ホルモンが増えます。

男性ホルモンはやる気を掻き立てるので
「よっしゃ、やったるぞー!」と
行動するエネルギーがみるみる湧いてきます。

だらだらしているのが我慢ならないくらい
何かにチャレンジしてみたくなる。

そのまま未知の分野の本を
ぱらぱらーっと読んでみて
新しい世界にワクワクしてみたり。

将来使えるスキルを身につけるため
短期間でがーっと集中して取り組んだり。

そういった男性的な冒険心。成長への欲求。

筋トレをした先には
こういった未来が見えてくるのです。

やる気は自然に湧いてくるものではない

とはいってもね、
その最初の一歩すらやる気起きないんだよと。

わかります。

筋トレとか、面倒臭さで言うと
僕のなかでも最上位に位置するものです。

これに対する解決策は、
最初の一歩を極限まで小さくすること

これしかありません。

筋トレをがっつりしようと思っても、
なかなかできるものじゃありません。

腹筋30回?しんどいですね。

想像するだけでしんどいと、
絶対にやる気は起きません。

なのでまずは最初のハードルを下げること。

筋トレがだるいなら、
家の周りをぐるっと一周するだけとか。

とりあえず、
負荷にもならないようなことをやってみる。

そうすることで、
「あれ、もうちょいいけるんじゃね?」
と勢いに乗っかることができます。

5分だけ漫画を読むつもりが、
気づいたら夢中になって
何時間も読んでしまうのと同じです。

 

無気力な人にありがちなのが、
「やる気があるから、行動する」
と思っている人。

これは逆です。まったく逆。

本来は、
「行動するから、やる気が出る」のです。

待っていても自然にやる気が
湧いてくることはありえないのです。

まずは、超小さい一歩。

腕立て1回から。
ベッドから起き上がって伸びをすることから。

重い腰を起きあげることが全てです。

将来は不安だが、具体的な行動は何もできない

こういう人は多いと思います。

僕も昔はそうでした。

大学時代は何かと時間があるから、
TOEICの勉強しようかな、何か資格取ろうかな。

そういったことを考えるも
何一つ実際に行動していません。

将来のことは超不安なんだけど、
1年後、2年後のために行動できるほど
立派な人間でもなかったんですよねw

もしいま無気力状態に悩まされていて
かつ将来に対して漠然と不安があるなら、
まずは体を動かすことをお勧めします。

それによって少なからずやる気が湧いてくるでしょう。

ちなみに僕はそのやる気のエネルギーを
ビジネスに注ぎました。

それは最高の選択だったと今でも確信しています。

僕が就職をせずビジネスの道に進んだ理由

将来への不安を吹き飛ばして、
自分の理想の人生を実現するなら
ビジネスを学ぶのが最強ですね。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です