マインド

メンドクサイは金になるとモチベーション理論

どうも、レオです。

今日は”メンドクサイ”っていうのを
1つのテーマをして話していきます。

 

人間、生きていれば
メンドクサイことが山ほどあります。

僕の場合だと、

駅まで移動するのめんどい
ご飯作るのめんどい
片付けめんどい
掃除めんどい
ブログ書くのめんどい
YouTubeとるのめんどい

・・いくらでも出てきます。

 

もちろんこれは自分だけではなく
他人にも当てはまります。

この他人もメンドクサイことを
山ほど抱えてるってのがミソで、

てことは
それはビジネスになります。

「他人のメンドクサイを解決してあげること」

これってそのままお金に直結しますよね。

 

例えば具体的な例をあげてみると、
「洗濯機」なんかいい例です。

洗濯機がない時代は、
洗濯板を使ってわしゃわしゃ手洗いですから
それはもう糞メンドクサかったでしょう。

桃太郎のおばあさんなんかは
わざわざ川まで行ってたくらいです。

それが洗濯機という
ボタン一つで勝手に洗濯をやってくれる
画期的な機械が登場したわけです。

だから当たり前のように売れますよね。

今の時代、
洗濯機がない家庭はないと思います。

 

こうやって世の中を見渡してみると
メンドクサイを解決する商品・サービスが
いくらでも見つかります。

電車やタクシーも
移動するのがメンドクサイというのを
解消するサービスだし

税理士とか典型的だし、
(税金関係は糞メンドクサイ)

人と人を結び付ける
マッチングアプリ(出会い系とか)も、
わざわざ街に行って合コンに参加するよりも
よっぽどメンドクサイを解消してくれます。

 

これらはすべて、
人のメンドクサイを解決するものだから、
お金を払ってでもほしい!と思えるのです。

 

人間っていうのは、
単純な好奇心・興味性に訴えかけるものよりも

不利益を被りたくない
痛い思い、辛い・苦しい思いをしたくない
メンドクサイを回避したいという

負の感情から来る欲求を刺激された方が
はるかに行動に移しやすいです。

 

アフィリエイトで商品を売るにしても、
この商品買えばこんないいことありますよ
めちゃくちゃ面白い体験できますよ
毎日映画・ドラマ見放題ですよ

と興味性、娯楽系のものよりも、

恐怖から逃れられるもの、
メンドクサイを一気に解消して
生活を楽にしてくれるものの方が

「売る」までのハードルは低いです。

僕も今
超高級な松坂牛を食べたいかと聞かれると、
食べたいは食べたいですけど、
そこまで緊急性をもって行動するものではありません。

でも例えば、パソコンのタイピングを
自動的にやってくれる装置とかあれば、
これは文字を打つのがだるいので、
今すぐにでもお金を払って買いたいと思えます。

メンドクサイっていうのは厄介な感情だけど
だからこそ、そこを研究していくと
ビジネスのチャンスも生まれます。

 

それと、このメンドクサイ心理、
これは自分のモチベーション管理をする上でも
かなり大きくかかわってきますね。

僕も常日頃から何か行動をする時、
メンドクサイという感情が湧いてきます。

PC開くのダルい・・
ブログ書かないでゲームしたい・・

そんな時の対処法ですが、

ここでもさっき話した
『不利益から避けたい欲』を意識するようにします。

 

「なぜビジネスをする必要があるのか?」
と自分に問いかけた時に、

  • 金持ちになりたいから
  • 高級マンションの最上階に住みたいから
  • 一生海外で遊んで暮らせるから

など、こういったことを考えることが
おそらく多いと思いますが、

それだと行動する動機が弱いんですよ。

いや、正確には弱くはないんだけど、
今すぐ行動しようという気にはなれない。

 

だから自分にとって
マイナスの感情となることの方を
思い浮かべるようにします。

もし、今ここでサボったら
中途半端な実力のまま終わってしまう

このままでは家族に示しがつかない。
同僚から馬鹿にされる

仮に借金があるなら、
借金を返せずホームレスになるかもしれない

毎日カップヌードル生活になってしまう

など、そういった”最悪の事態”から
避けたいというのを行動する理由にします。

その方がよっぽど奮い立つはずです。

 

たとえば中学生の子どもが母親から

「次のテストで80点取れたら
特別に今月は2倍のお小遣いあげる」

と言われるよりも、

「次のテストで80点取れたら
今月のお小遣いはなしよ」

と言われた方が、危機感を優先して
行動するのと同じです。

 

メンドクサイと感じて、
何もやる気が起きない時は

自分の今の状況と
将来訪れるであろう危機を思い浮かべることで
モチベーションを維持することに繋がります。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です