物語

居酒屋の厨房バイトと、ネットビジネスにも当てはまる成功法則

こんにちは、レオです。

 

今日は、大学時代にしていた

居酒屋でのアルバイトのことを書きたいと思います。

 

 

僕は大学に入学早々、

居酒屋でアルバイトを始めました。

 

しかも料理経験は0ですが、

無謀にも厨房(キッチン)で働くことになりました。

 

そんなわけですから、

最初は包丁を握るのも本気でビビってましたし、

なーんにもできない状態です。

 

先輩とか社員さんが、

パパッと料理を作る姿とかみて、

「料理できる人ってすげーなー」って憧れてました。

 

あと飲食系のバイトだと、

まかないってあるじゃないですか?

社員さんが毎日まかないを作ってくれて、

それが超美味いわけです。

 

僕はけっこう社員さんがまかないを

作ってる様子を盗み見てたんですが、

おっきい鍋をブンブン振り回して、

味付けとかもササっとスピーディにやっていて、

すげーカッコイイなあと。しかも美味い。

 

僕も厨房で料理の仕事をするからには、

あんな風に料理できるようになりたい!って感じでしたね。

 

 

とまあ、そんな感じだったんですが、

なんやかんや、3か月、半年、1年って

厨房のバイトを続けていくと、

自然と料理のスキルが身についていくわけです。

 

包丁も扱えるようになるし、揚げ物もできるし、

フライパン使って色々作ったりもできる。

あとたまに自分でまかないを作ったりしても、

それなりに美味しい料理が自分で作れるようになっているのです。

 

これって最初の

まったく料理できなかった僕からすると、

とんでもない成長です。

 

今は居酒屋のバイトはしていませんが、

もう当たり前のように家とかでも料理ができます。

 

 

で、今回なにが言いたいかっていうと、

この料理スキルを身につけるのと、

ネットビジネスで成功できるようになるのって、

根本はまったく一緒だなーってこと。

 

どちらにも「型」があります。

正しい「型」のもと作業を続けていけば、

自然と結果が出て、成長もしていきます。

 

 

たとえば、料理をするとき、

最初は誰だってレシピをみながら、

その通りに作りますよね。

 

親子丼を作りたかったら、

親子丼のレシピをみながら作れば、

よっぽど事故的なことが起きない限り、

それなりに美味しい親子丼ができるはずです。

 

 

もしも仮に、

いきなりレシピも見ずに自己流でやろうものなら、

得体のしれぬ料理ができてしまう可能性もあるのです。

 

しかし親子丼のレシピという

「型」があるからこそ、

失敗せずに作ることができます。

 

そして親子丼をレシピを見なくても

作れるレベルまで落とし込めたら、

似たような料理に応用が利きますね。

 

例えば、かつ丼。

卵の使い方とか、味付けは、親子丼とほとんど同じです。

あるいは、鶏肉じゃなくて、

豚肉に変えてみれば、他人丼が出来上がります。

 

こんな感じで一つの「型」というベースがあれば、

そこから応用を効かせればいいので、

ずいぶんと楽になりますよ。

 

まずは型を学ぶこと、

そしてそれを違う分野にも応用を効かせる。

 

 

ちなみに応用を効かせるためには、

一度抽象度をあげて物事をとらえる必要があります。

 

『親子丼』と『かつ丼』って、

それぞれ料理としてはまったく別物ですよね?

なか卯で親子丼を注文したのに、

かつ丼が出てきたら、ちょっと意味不明です。。

 

このようにそれぞれ別個のものであるにも関わらず、

どちらか一方の作り方を学ぶことで、

もう一方の料理も作れるようになるのは、

それぞれの料理に「共通点」があるからです。

 

『親子丼』=ダシの効いた味付け=『かつ丼』

 

このように、一度、

『親子丼』を『ダシの効いた料理』と抽象的にとらえることで、

共通点のあるものに落とし込めますよね。

 

親子丼をただ親子丼としか捉えていなかったら、

絶対にできないことです。かつ丼は作れません。

 

この感覚は超大事です。

 

まあ料理だったら割と簡単にできるんですが、

ネットビジネスとなると途端にできなくなりますw

 

やってることは全く一緒なんですけどね。

 

ネットビジネスだったら、

いわゆる「ノウハウ」っていうのが型ですね。

「ノウハウ」=「親子丼の作り方」です。

 

けどノウハウをいくら学んだところで、

それを使いこなせなくちゃ全く意味がありませんよね。

 

ノウハウをノウハウとしか捉えていなくて、

抽象的に考えることができなければ、

いつまで経っても稼げる力は身につきません。

 

そもそもネットビジネスの場合、

まず「型」がしょぼすぎるというか、

こういった本質的な思考まで教えられる人が

ほとんどいないというのが問題です。

 

親子丼の作り方は教えられるが、

そこから発展させて別の料理を作る方法までは学べないのです。

 

親子丼の作り方一つ学んだところで、

それは本質とはかけ離れているというか、

あくまで枝葉末節、枝葉の部分にしかすぎません。

 

重要なのは、

「親子丼から発展させて、別の料理を作る力」を学ぶことです。

 

ネットビジネスだったら、

まずはビジネスの本質を学ぶことが必要です。

そうすることで圧倒的に早く成果が出せるようになります。

成長速度が2倍、3倍というレベルで変わってきます。

 

 

というわけで今回は、

僕が居酒屋バイトで身につけた料理スキルと、

ネットビジネスの成功法則はまったく同じということ。

 

「型」にのっとることで、

ビジネスも料理もグンと上手くいきます。

そして、「型を使いこなせること」は、

もっともっと大事です。

 

ちなみに僕のメルマガでは、

ビジネスの型をばんばん話しているので、

まだ登録していない方は、よかったら登録おねがいします。

 

では、レオでした~

 

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です