集客

「顕在客」「潜在客」とネットビジネスで集客するための具体例

こんにちは、レオです。

今日は顕在客と潜在客について、
それぞれの違いや特徴、

そして実際に集客する際に
僕が具体的にどのように
アプローチしているかを話していきます。

僕は現在、自分のブログやYouTube、
あるいはTwitterなどのSNSを使って

お客さんを集め、
教育し、
サービス(商品)を販売する

といういわゆる王道的な
DRMを使ったビジネスモデルが主体です。

その際、具体的にどのようなお客さんを
ターゲットとして捉えるか。
ここが顕在客と潜在客ですね。

顕在客と潜在客の違い

では、まず簡単に
顕在客と潜在客それぞれについて説明します。

あまり堅苦しい説明したくないので、
できるだけ噛み砕いた説明にします。

顕在客っていうのは簡単に言うと
すでに欲求が明確化しているお客さんのことです。

「あの商品が欲しい。」
「あの情報が知りたい。」

そういった欲求ですね。

たとえばグーグルで
「ダイエット 方法」で検索する人は、
もうその時点で“ダイエットをしたい“という
気持ちが前面に押し出されてますね。

もっと言うと、
「〇〇(商品名) 効果」「〇〇(商品名) 評判」
というキーワードで検索する場合なら

〇〇という商品に興味を持っているというのが
すげーわかりやすく表れています。

 

に対して、潜在客っていうのは
そこまで具体的にはわかりません。
欲求が潜在的に見え隠れしている状態です。

たとえば、
「ジーパン ウエスト きつくなった」
こうやって検索する人は、
どんな悩みを抱えていると思いますか?

ジーパンのウエストがきついっていうのも
もちろんそうだけど、

もう少し突っ込んで考えてみると
「昔に比べて腹が出てきたな・・」とか
「いつの間にこんなに太っててショック・・」

っていうのが奥に抱える悩みだと思います。

じゃあその人に向けて
”ダイエット関係”の情報を流してみると、
反応を取れる確率は少なからずありますね。

直接的に「ダイエットしたい!」と
言ってきたお客さんではないけど、

ダイエットすることの重要性に気付かせてあげれば
これからあなたのお客さんになりえるでしょう。

集客先を広げるなら潜在客を狙う

ちなみに僕はネットビジネスをする上で、
顕在客はあまり狙いません。

基本的に潜在客を中心に狙います。

なぜなら多くのジャンルにおいて、
顕在客を狙おうとした場合、
強力なライバルがうじゃうじゃいるからです。

顕在客は掴めることができた場合、
たしかに商品を売り込むのは楽です。

もうすでに行動しようというという気持ちが
半分くらい固まっていたりすることも珍しくないので
ちょっと背中を押してあげるだけで買ってくれたりします。

ただその分ライバルも多い。

検索エンジンで「ダイエット 方法」とか
上位表示させるのは100パー無理です。

ネットビジネスとか
アフィリエイト周りのワードも
おっきいところはもちろん厳しいです。

今すぐダイエットしたい人を集めたい。
今すぐネットビジネスしたい人を集めたい。

これってすげームズイんですよ。

 

そもそもネットビジネスに関して言えば、
ネットビジネスに興味がある人なんて
世の中にどれくらいいるんだって話で。

まあ普通に考えて数%程度で、
大半の人はネットビジネスなんて
興味すら抱いていないのが現状です。

 

じゃあどうするかっていうと、
だからあえて潜在客を狙います。

潜在客ならライバルのいないところで戦えます。

ネットビジネスに興味を持っている人は
あまりいないかもしれないけど、

  • お金に困っているサラリーマン
  • 時間を持て余している大学生
  • 将来に不安を抱いている就活生
  • 夫の給料が安くて不満たらたらな主婦

そういった人たちなら
世の中に溢れんばかりにいます。

最初はネットビジネスなんて興味なくても、
きちんとした魅力を教えてあげれば
私もやりたい!という人は絶対に出てきます。

もちろんダイエットも、美容も
英語も、ゴルフも、クレカの必要性とかも。

自分のニーズに気付いていない人は
たーくさんいます。

気づかせてあげましょう。

むやみやたらにごり押しするのではなく、
ちゃんと適切な方法で。

適切な方法っていうのは、
一番わかりやすのがストーリー。

ストーリーの力を借りると、
情報というのは非常に伝わりやすいです。

ビジネスで超絶使える。ストーリーフォーミュラーの破壊的な力

潜在客を狙うことで、
集客先というのはぐんと広がります。

やはりずらしの視点

ここまでで顕在客と潜在客の説明は
一通り終えたことになりますが、

やはりビジネスをする上で
”ずらしの視点”は超大事だなと。

多くの人は顕在客を狙ってしまうことがほとんどです。

自分がその市場に参入したばかりの
弱小媒体しか持っていないにも関わらずです。

そうすると当然思ったように集客はできません。

馬鹿正直に真っ向勝負をしてしまうと
すでにその市場でうごめく強豪たちに
食い物にされてしまうのです。

だから、ずらしていく。

潜在客っていうのも
一種のずらしの選択肢です。

ライバルがいない自分だけの集客先を見つけて
ブルーオーシャンで稼ぐことも夢じゃありません。

では、以上です。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です