外注化

外注化したらメリット多すぎてびびる。初心者こそやるべき

どうも、レオです。

今日は外注化についてお話しします。

 

僕はネットビジネスを始めて、

1か月後くらいには外注化を始めています。

「え?そんなに早くはじめたの!?」

と意外に思うかもしれませんが、

結果的にその選択は大正解でした。

 

外注化というと、

「初心者にはハードル高いなー」とか

「責任もあるし大変なんじゃないの?」

というイメージですよね。

 

もちろん僕も最初はそう思っていました。

「まあ俺ももっと慣れて、稼げるようになったら外注化とかやりたいなー」

くらいの感覚だったと思います。

 

だけどこの常識は、ある日ぶっ壊れました。

 

僕が参考にしている成功者の中に、

外注化の重要性を話している方がいたんですね。

 

「外注化は初心者こそやるべきだ。

いつまでも単純作業をやっていては成長することはできない」

こう言っていました。

 

そのとき僕は、

あ、これ完全に自分のことだ・・と、

悔しかったけど認めざるを得なかったんです。

 

なぜなら当時僕は、

アフィリエイトのサイトを作り始めていたんですが、

10記事くらい入れた段階で、ひーひー言っていました。

 

これを100、200記事と増やしていくとしたら、

あとどれだけ時間がかかるんだろう・・

サイト作ってるだけで1年以上かかるんじゃないか!

 

と、先の思いやられる作業に絶望していたんです。

 

本来、成功者になりたいのなら、

自分じゃなくてもできる仕事は、自分でやってはいけません。

お金を払って他人にやってもらうべきです。

 

なぜなら、

1万円の人件費がかかっても、

それで1万5千円の売り上げになれば、

黒字になります。

 

こうやってレバレッジをかけていって、

自分はさらに仕組みを大きくしたり、

新たな仕組みを作るなど、(例えばもう1個別のサイトを立ち上げるとか)

自分は経営者の仕事をするべきなんです。

 

当時の僕は、

ひたすら自分で記事を書き続けていたため、

それ以外の作業は何もできない状態でした。

 

しかも僕の書いていた記事って、

ほとんどが調べればわかるような機能的価値の記事だったため、

別に記事を書くのが僕じゃなくてもよかったんです。

 

これはたとえばの例ですが、

「効率的な睡眠方法」の記事なんて、

調べれば誰でも書けますよね?

だったらそれは自分でやるべきではないのです。

 

そんなわけで、

このままじゃあかん!と、

僕は外注化を実践してみました。

 

最初はハードルたけーなーと思っても、

やってみれば意外とできるもんですよ。

 

実際、外注化は、

クラウドソーシングのサイトを利用すれば、

簡単に人を雇うことができます。

 

しかも、1記事200円とかで、

20記事書いてもらっても4000円ですから、

異常なくらい安く雇うことができます。

 

金銭的なリスクはほとんどないと言えるので、

僕は一気に外注さんを5人くらい雇って、

どんどん記事を増やしていきました。

 

もうね、楽なこと楽なこと。(笑)

寝ている間にも、学校に行っている間にも

勝手に記事があがってきますからね。

 

外注さんの数も多かったので、(ちなみに全員主婦の方)

一日のうちに3記事くらい納品されていました。

 

僕が一日1記事しかできなかったことを、

人を使えば、倍以上の効率で出来ます。

このレバレッジの考え方、経営者の視点は、

ビジネスをするうえで超大事です。

 

記事を外注さんに書いてもらっている間、

僕は戦略を考えたり、ライバルのリサーチをするなど、

結果を出すことにフォーカスしました。

 

そのおかげで、

僕のネットビジネスでの初報酬は、

とても早かったと思います。

 

開始2か月目くらいで、

8000円という単価の商品がポンッと売れるようになりましたね。

めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

もしこれが、外注化をせずに

自分一人で単純作業にとらわれていたら、

成果が出るのは、圧倒的に遅かったと断言できます。

 

というかモチベーションが続いたか不安です。(笑)

綺麗事ぬきに単純作業は飽きるので、

ネットビジネスを続けるという意味でも危なかったかもですね。

 

 

あともう一つ、

外注化でメリットとなったことは、

「教育スキル」の向上ですね。

 

外注さんには、

こういう記事を書いてくださいと指示を出し、

ダメなところは添削して直す必要があります。

 

最初は僕も、

「うわ、添削なんて俺には無理かも・・」

「そもそもまだ人に教えられるレベルじゃないって」

という感じで、かなりびびっていました。

 

そんな中、とりあえず僕がやったことは、

ライターさんの記事をみて、

もっとこうした方がいい!というポイントを、

動画にとってしゃべるという、添削動画の作成です。

 

なにしゃべればいいんだろう・・

と思っていたのですが、

そのとき勉強していたコピーライティングのテクニックとかを

自分なりに落とし込んでアドバイスしてみました。

 

そうしたら何とか形にはなるんですね。

全然だめだめかもしれないけど、

一応添削動画として、外注さんに渡すことはできます。

 

これのすごいところは、

回数を重ねるごとに、

どんどん動画のクオリティーが上がることです。

 

しゃべるのも上手くなるし、

強制的にアウトプットされまくっているから、

知識がどんどん定着していきます。

 

こうやって最初の時とは別人のように、

教育スキルが向上していった結果、

「添削とてもわかりやすいです!」

「とても勉強になります!」

と言っていただけた時は、自信もつくし、

ビジネスやっててよかったーと思います。

 

なにより「教育」というスキルは、

ビジネスでも必ず役に立ちますからね。

 

添削動画なんて特にわかりやすい例で、

自分の伝えたい価値観を、

動画というコンテンツを作って伝えるのです。

これがビジネスで役立たないわけがありません。

 

 

まあ、こんなかんじで、

メリット盛りだくさんの外注化なわけです。

簡単にまとめると、

・経営者としての視点

・レバレッジの偉大さを実感

・単純作業からの解放

・戦略的な仕事をする時間が増える

・教育スキルの向上

といったところですかね。

 

何度も言うように

「自分はまだ初心者だからー」はNGです!

 

むしろ初心者こそ外注化をして、

どんどんビジネスのセンスをつけてください。

 

 

ではでは、このへんで。

レオでした。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です