物語

大企業に就職するのが幸せだと思っていたあの頃。僕は全く別の道に進んだ

こんにちは、レオです。

僕は今、大学院2年の歳です。

大学院に入学してから休学しているので
今は通っていませんが。

で、同期で研究室に入ったやつらは
今まさに絶賛就職活動中です。

つい1、2年前までは、
僕も同期と一緒に毎日研究室に通っていたし
学部時代からずっと仲良かった友達もいるので
色々と感慨深い気持ちだったりします。

「あーとうとう道は分かれたな」と。

僕も今のビジネスに出会っていなければ
確実に今頃は就活をしていたでしょう。

というわけで、今回は
僕の価値観がぶっ壊れてしまった話と
大企業への就職について考えてみます。

大企業に就職して何が得られるか?

今、就職活動をしている僕の同期は、
ほぼ間違いなく大企業に就職すると思います。

大学の実績、研究室のOBの実績をみても
まあ例外なく大企業に就職しています。

だから僕も大学に通い続けていれば
ある意味レールはすでに出来ていたわけで、
そしてそのレールに乗っかることが
最高の幸せ、勝ち組への道だと信じ切っていました。

信じ切っていたというより、
その道しか選択肢を知らなかったんです。

小・中と普通の公立学校に通い、
偏差値そこそこの高校に行って、
大学受験のためにがっつり勉強して
東大京大ほどじゃないけど一流の大学に入る。

無難に大学の単位をやり過ごして
いざ大企業に就職。

すべてこのためにテンプレの人生を歩んできました。

大企業に就職したらそこそこに出世して
ちょっと贅沢できるくらいの給料をもらって
結婚して家建ててこれぞまさに幸せの人生だと
信じ切って生きていたわけですね。

 

まあぶっちゃけ僕の中で
大企業にこだわる理由がなんだったか今考えると、

人より優れていたいという気持ちが一番でした。

僕はプライドが糞高い人間だったので
もし就職に失敗したとして、
平凡な名のしれない企業に就職するようなことになれば
一生それを負い目に感じて生きるような人間です。

それだけは許せなかったために
「大企業=幸せ」と思っていたんだと思います。

 

正直超しょっぱかったなーと。

別に人と比べたりしなければ
中小やベンチャーでも全然いいわけで、
むしろやりがいもあるかもしれませんし。

もちろん周りから聞く話では
「大企業はやっぱり色々とよくしてくれる」
というのは聞きますけどね。

抱えてるリソースも尋常じゃないので
やはり大企業ならではのメリットは多々ありますし。

 

とはいっても
「雇われて働く」という身である以上、
週休2日もしくはそれ以上のペースで
朝から晩まで働くのは同じです。

そして給料は固定給です。

だから何がどう転んでも
突き抜けてお金持ちいなることはないし、
平日の昼間にジムに通ったりするような
自由な時間っていうのは手に入りません。

サラリーマンとしての作られた幸せの人生が良くも悪くも待っています。

お金だけなら就職しなくても稼げる

大企業に入る目的が何なのかですよね。

いわゆる社会的な地位は手に入るので、
そこから生まれる幸せなら手にできます。

ただ、お金を稼ぐことに関して言えば
大企業に入らなくても個人の力でどうとでもなります。

 

僕は学生時代に、個人でもインターネットを使って
月収100万以上稼いでいる人間がわんさかいることを知りました。

当時、居酒屋でバイトして
お金を稼ぐことしか知らなかった僕は
そりゃあもう衝撃的でした。

正直意味がわからなかったです。

「月収100万て・・異常すぎるだろ・・」

僕は自分もやってみたいと思って
このネットビジネスの世界に飛び込みました。

 

最初は大学に通いながら、
空いた時間に稼いでいる人の動画とか見る程度でしたけどね。

 

そこから実践をしていくうちに、

・ビジネスの仕組みの作り方
・ネット上でお客さんを集める方法
・人が魅力を感じる文章の書き方
・お客さんが欲しいと思う商品をリサーチする方法
・思わず購入したくなるような心理テクニック

など、どんどんビジネスの力が身についていきました。

 

ネットビジネスっていうと
誤解されやすいんですごい嫌ですけど、
ネットを使ってビジネスしてるだけですからね。

むしろ今の時代にネットを使わないで
ビジネスしてる方が逆にすげーと思います。

 

この力を身につけることで、
会社に就職しなくてもお金を稼ぐことは誰でもできます。

それも決して難しいことではなくて、
就職したら毎日10時間以上は働くと思うんですけど
仮にその時間をビジネスを学ぶ時間にすれば
1年以内に余裕でサラリーマンの月給は超えれます。

だからお金を稼ぐためだったら、
大企業に就職するよりもビジネスを学んだ方が
圧倒的に効率がいい。

これは比較にならないと思います。

選択肢を持っているか。自分の常識をぶっ壊すか。

じゃあ、結局何が言いたいかというと、
選択肢をもっているかどうかなんですよね。

僕はビジネスの世界に出会うまでは、
そもそもネットで稼げるということすら知らなかった。

だからビジネスを学んだ方が
お金を稼げるという事実があるにも関わらず、
大企業に就職することが1番の道だと思っていました。

 

今、頑張って就活している僕の同期も
そもそもビジネスを自分でやるなんて考えもしてないと思います。

あるいは、
「ネットビジネス?詐欺でしょ?怪しすぎ」
という価値観の中ですべてを判断しています。

普通に考えればビジネスに怪しいも糞もないのですが
自分の常識の中で生きてる限りは何もわかりません。

すべての判断が自分の価値観基準なので、
他の選択を全く受け入れようがないし
成長はその時点でストップします。

僕は運よく自分の常識をぶっ壊すことができて、
知らない世界の可能性を知ることができたので
こうやって就職とは違う人生を生きています。

 

僕のような人生を幸せと思うか、
大企業に就職することが幸せと思うかはわかりませんが、
選択肢すら持っていないのがいいとは思えません。

少なくとも、経済的に充実した生活と
ストレスのない自由な時間を手に入れられるのはこっちの選択です。

さいごに

というわけで、
大企業に就職するのが幸せかどうかは
その目的が何なのかということと、
選択肢を知ったうえで判断をしているのかどうかですね。

自分の常識がぶっ壊れれば、
違う世界が見えてくることを僕は知りました。

ビジネスの世界について知りたい方は、
僕のメルマガでもそういう話を毎日しているので
ぜひ覗いてみてください。

 

ではでは。

----------------------------------

追記。

僕はもともと性根のだらけた
どこにでもいる平凡な学生でした。

小3の頃に父の勤めていた会社が倒産し
お金にたいする執着が人より少しだけつよくなりました。

今は起業して月収300万円を稼ぐことができ、
メンタル的にも随分と楽になりました。

ぶっちゃけ想像もしなかったことです。
ビジネスとか知らねーし。
そもそもだらしなかったし。

結局、自分の想像できる世界の延長上では
なんかすげー変化とかって起こりえないんですよね。

僕が変わったのは
単純に常識とは違う世界を知ったからです。

なので知らない世界をのぞいてみることは
僕は人生でもトップレベルに
大事なんじゃないかと思っています。
そうすると人生もやはりちょいと楽しくなるし。

この記事では、
僕が起業してどのようにして今にいたるかがわかります。

→レオのプロフィール。北大に逆転合格→中退→ネットで起業までの物語

----------------------------------

メルマガもやってます。
ブログとはまた違った視点からの情報を得られます。

→メルマガの詳細はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です